ふらりとゆけ! ホーム » 戦記風ファンタジー » 百錬の覇王と聖約の戦乙女 (4)(鷹山誠一)

百錬の覇王と聖約の戦乙女 (4)(鷹山誠一)

逆恨みの逆襲

 勢力拡大中の《狼》の宗主である周防勇斗は、妹国が《豹》の宗主フヴェズルングと妻シギュンから襲撃を受けたため援軍を出す。フヴェズルングの正体は、フェリシアの兄ロプトだった。
 周防勇斗を恨むロプトは、エインヘリヤルとしての能力で勇斗の知識を模倣し、鉄製の武器で《狼》を殲滅しようとする。




鷹山誠一作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5399-c2e64ae6