ふらりとゆけ! ホーム » SF » マーシアン・ウォースクール(エドワード・スミス)

マーシアン・ウォースクール(エドワード・スミス)

望まれる死

 地球から火星へ親善大使として送られたタキオン・シュガ准尉は、乗船していた船の着陸を防衛するための戦闘で委員長が負傷したため、最先任下士官のシドウ・アマギ軍曹を筆頭に、軍属学校のクラスで白眼視される。
 サポート役に指名されたメレディス・アシュクロフト伍長も驚くような冷徹さぶりで正論を吐き、クラスメイトの反発を招くタキオン・シュガ准尉だったが、彼にも彼の事情があった。

 将官である父親の妾の子であるタキオンは、戦闘中の死亡を期待され、血統上の兄弟の指示で火星に送り込まれたのだった。生き残るためには、戦闘小隊であるクラスを取りまとめ、送り込まれるであろう死地での戦闘を勝ち抜き帰還せねばならない。果たして彼はそれを成し遂げられるのか?




エドワード・スミス作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5387-48bcb93d