ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 現代ファンタジー » オウカの魔女(此乃亭多楽)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


オウカの魔女(此乃亭多楽)

黒歴史は本物

 心因性の脚の不具合を抱える妹の新堂吉乃と暮らす新堂真道の前に、魔女界からオウカ・ローザという魔女がやってくる。彼女が持つ魔術書に書かれている魔術は、かつて中二病全開だった時代の新堂真道が作り出したものだった。
 その魔術所の最後のページに書かれているはずの魔術を教えるよう真道を脅迫するオウカは、真道がそれを思い出すまで彼らの家に居座ることになる。

 彼女を追いかけてきたメアリー・ゴールドやイーリス・フラウ、召喚される変態紳士のレヴィンストール・C・ヴォーグバッハなどがドタバタを繰り広げつつ、最後はしんみりとさせる。




此乃亭多楽作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5381-09b38395

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。