ふらりとゆけ! ホーム » SF » 再生のパラダイムシフト V スクランブル・フェスタ(武葉コウ)

再生のパラダイムシフト V スクランブル・フェスタ(武葉コウ)

必要とされる犠牲

 風峰ほのみを狙う鈴蘭・フランツィスカ・ハーゼンクレファーが鶺鴒へと移籍してきた。風峰橙矢や緋空つばさと同じクラスに入った鈴蘭は、あっという間にクラスで主導的な地位を手に入れ、学園祭「白羽祭」のクラスの出し物を演劇に決めてしまう。その主役として抜擢したのが、リノン・クリスベルだった。
 着実に準備が進む学園祭にあって、リノン・クリスベルは鈴蘭が出してきた脚本に表情を凍りつかせる。これは彼女の秘密を暴く脚本だった。リノンの過去と、ほのみが狙われる理由が明らかになる。




武葉コウ作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5380-13bbcdc4