ふらりとゆけ! ホーム » 異世界ファンタジー » 飛べない蝶と空の鯱 (6) ~蒼の彼方より、最果てへ~ (3)(手島史詞)

飛べない蝶と空の鯱 (6) ~蒼の彼方より、最果てへ~ (3)(手島史詞)

落下する世界

 落下を開始したティエラの上で、現代最強の霧鍵士であるヒルデガルド・フォン・ヴィンケンと<七つの鍵>の総帥であるシュネーとの最終決戦が始まる。
 一方、ハイリッヒから預かった封書の届け先を失ったウィルとジェシカは、あるソルダートの女性と遭遇していた。

 世界を守るために少女を犠牲にしなければならないのか。選択の時がやってくる。




手島史詞作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5372-1d645613