ふらりとゆけ! ホーム » 現代ファンタジー » かくて夜明けの神殺者(中維)

かくて夜明けの神殺者(中維)

神殺しの人々

 天地創造級の神がゲートを通じて現出しようとしたことにより発生した霊異災害フルフラットは、多くの人的被害を生み出した。その再来を妨げ、神話級、伝承級、民話級の神・悪魔・精霊を撃退してゲートから押し戻すのが対霊異能者(バウンサー)の仕事だ。
 Sランクバウンサーの化野右近の弟子であり、未だ霊異を殺したことのないFランクのバウンサーである化野幸太は、契約悪魔のメリアンと共に、学術要塞アーモロートに付属する学園に潜入することになる。彼らのスポンサーである大炊御門の依頼であると共に、幸太の血を呪われた美酒に変え、霊異から狙われる体質にした怖血神の手掛かりを探すためだ。

 クラスメイトの金田マオからまとわりつかれながら調査をする幸太の前に、化野右近の前のパートナーであるAランクのバウンサーの真嶋雪風が現れる。時を同じくして、学園には突発的なゲートの出現が見られるようになるのだった。




中維作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5364-dda040d2