ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 現代ファンタジー » 魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス> (5)(三原みつき)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


魔技科の剣士と召喚魔王<ヴァシレウス> (5)(三原みつき)

国を割っての戦乱

 総生徒会長戦挙三位決定戦は、音無輝夜と星風光という、魔技科生徒会の因縁の対決となった。
 そして決勝は、林崎一樹、天咲美桜、疋田琥珀、塚原一羽のチームと、桂華玲や林志静ら大陸のスパイ容疑のかかるチームとの対戦となる。新理事長の高杉孝允によって妨害がなされる中、林崎一樹は総生徒会長の座を勝ち取れるのか。

 統一選後、しばしの休息の後、再び混乱が訪れる。騎士団中部管区師団から敗走してきた元魔技科生徒会長の香月花音と副会長の八雲茜が、西日本独立の報を伝えてきたのだ。日本神話の神々を荒神かさせて操り、騎士団を敗走させて独立を宣言した組織の首班は、学園から失踪した高杉孝允だった。




三原みつき作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5340-cbb0b1a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。