ふらりとゆけ! ホーム » 現代ファンタジー » 東京レイヴンズ (11) change:unchange(あざの耕平)

東京レイヴンズ (11) change:unchange(あざの耕平)

近況と再会

 土御門春虎によって黄泉帰らされた土御門夏目は、相馬秋乃と共に、土御門宗家の土御門泰純や、土御門分家の土御門鷹寛、土御門千鶴と行動を同じくしていた。
 長官の倉橋源司を筆頭とする陰陽庁主流派から追われる夏目は、かつての陰陽塾の仲間たちに謝罪したいと思いつつ、相手の現在の立場を慮り、おおっぴらに連絡を取れない立場にあった。

 そんな中、何とか監視の目をすり抜け、夏目は百枝天馬に手紙を渡す。受け取った天馬は、同じく監視を受ける倉橋京子や大連寺鈴鹿、天海大善のもとにいる阿刀冬児にその事実を伝えつつ、夏目へ返信するための策を練る。




あざの耕平作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5330-77daee2c