ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 異世界ファンタジー » 千の魔剣と盾の乙女 (13)(川口士)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


千の魔剣と盾の乙女 (13)(川口士)

滲み出る焦り

 新たな魔王となった金色の首環(トルク)付きの魔物ケンコスに憑りつかれたエリシアを救う方法を探し始めた魔剣ホルプとロック、ナギ、フィルは、半年というタイムリミットを見据え、それぞれのできることをするために一旦、別れることになった。
 失った瘴気の代わりに何やら凄みを加えて仲間に合流したロックは、風呂場でナギを襲い、その現場をフィルに目撃された結果、パーティーの中に気まずい雰囲気が漂うことになる。

 ケンコスをエリシアの中から追い出す神の武器の手掛かりをつかみ向かったその場所で、彼らが遭遇したのは、同じ武器を狙う魔剣使いファーディアだった。




川口士作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5328-372d2540

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。