ふらりとゆけ! ホーム » 現代ファンタジー » セブンスホールの魔女 (2)(池田朝佳)

セブンスホールの魔女 (2)(池田朝佳)

思わぬ裏切り

 最強の魔力持ち(ユーザー)でありながら最悪の魔女の呪いにより魔力を使えなくなった泉野原アカザは、南大東コルコのサポートを受けつつ、ハル、フラン、サカナ、オーガストら取り替えっ子の魔女を擁する株式会社空飛ぶ魔女の立て直しを成功させつつあった。
 そんなある日、上司である世界対策株式会社極東支社CEOの高坂ゾフィーに呼び出された泉野原アカザは、株式会社空飛ぶ魔女を解散し、自身は部長待遇で本体へと異動するように申し渡される。

 魔女たちの居場所を守るべく、ゾフィーからの指示を無視して独立を目指し始める泉野原アカザだったが、外部の思惑は魔女たちの個別切り崩しを狙うのだった。




池田朝佳作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5326-d74c92c3