ふらりとゆけ! ホーム » 現代ファンタジー » 風に舞う鎧姫 (3)(小山タケル)

風に舞う鎧姫 (3)(小山タケル)

魔剣に負けん

 志弦女学園に通うことになった男子高校生の明智慶貴は、メイド美化委員長の清中美風や保健委員長の倉城細、幼馴染の橘みのりやロリ少女の紫村陽茄子を仲間にし、生徒会長の響女ハカネからは好意を示される日々を過ごしていた。
 そんなある日、顧問から魔剣の化身である少女のお世話を申し付けられた明智慶貴は、その少女に突き放されながらも少しずつ信頼関係を築いていく。この魔剣の少女は、かつて志弦女学園の創始者の女性に信頼を置いていたものの裏切られてしまい、人間に対する不信感でいっぱいになっていたのだ。

 魔剣の存在は秘密にしていたものの、明智慶貴を毛嫌いする生徒会副会長の有賀有子に気づかれてしまい、大きな騒動に発展する。




小山タケル作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5310-803cbc2f