ふらりとゆけ! ホーム » ヨーロッパ旅行 » 四十九日(2005年6月8日水曜日)

四十九日(2005年6月8日水曜日)

 長い長い旅路が始まる。ビデオ上映会は、設備の故障のため中止させていただきます、とか言っていたけれど、いつも壊れているんじゃないですか?僕の椅子のリクライニングは壊れているのか、倒さなくても体重をかけると勝手に倒れていく。不便だ。隣のおじさんにパンをもらったり、突然何千フィートも急降下したりと、色々な出来事を乗り越えながら、成田へ。そういえば、隣の女の子は、ベッドメーキングに異常なこだわりを見せていたなぁ。

 午前11時。到着ロビーからモノレール?に乗って検疫所の方へ。特に何も言われないからそのまま通過。無愛想な入国管理官に挨拶をして、税関も通過。荷物の入ったゴミ袋を見て、何が入っているのか聞かれたが、中身を見せろとは言われず。こんなに甘いチェックで、色々防げるのかな?肉や野菜を持ってきても生物検疫には引っかからないかもしれないし、課税対象品を持ち込んでも税金をかけることもできない気がする。いや、僕は別に酒を大量に持ち込んだりはしていませんよ?

 残ったユーロを両替して、帰りの電車賃を確保。駅のキヨスクで、雑誌を買う。週間の、少年サンデー、ジャンプ、マガジン。だいぶ進んでしまって、間が分からないなぁ。ジャンプの武装錬金、いつの間に終わったんだ?
 京成電車に乗って、京成船橋駅に着いたら、移動している最中に、寝袋を括りつけていた袋のひもが切れた。日本に来るまでもって、本当に良かった。ありがとう。

 街を歩いていると少し違和感を感じる。看板が日本語で書いてあって、どんなにつまらないものでもすべて理解できる。緊張して歩いている必要もないし、道に迷ったところで不安感はない。でも、逆の立場になってみると、日本に来る外国人はつらいだろう。英語の看板はあまりないし、道を聞いたところで、親身になって教えてくれる人はそれほどいない。ヨーロッパでは、仕事はおざなりでも、プライベートでは冷たい人はそんなにいないから、道を聞けばきちんと教えてくれる。これからは僕も親切にならなくちゃ。
 街をうろついている女子高生にも違和感を感じる。みんな同じ格好に見える。ヨーロッパで制服を着ている人なんて、警官か駅員くらいのものだったからなあ。変な感じ。
 駅でエスカレーターに乗ろうと思ったら、どちら側に立つべきか忘れている自分に気づく。右だっけ、左だっけ?関東と関西では逆なんだよね?ヨーロッパでも国によって違うから、混乱してきちゃった。そのうち思い出すかなあ?

 日本に帰ってきたら、何を初めに食べようか考えていた。でも、何にするかは決まっていない。通り道に美味しそうな食べ物屋さんがあれば入ろうかと思っていたが、そんなものもなかった。結局家まで帰ってきたが、冷蔵庫の中には大したものがない。午後3時。仕方ないので、近くのスーパーまでお買い物。ついでにビールも買ってくることにしました。
 買出しの結果、カツ丼を作ることに決定。ご飯ものとは決めていたけれど、結局これになりました。性格には、カツ親子丼と言うべきか。鶏肉も入っています。何故か、お土産に送っておいたザッハートルテも残っていたので、頂く。
 夜は、トカイ・アスーを開けてみることにしました。

EUR-49-1.jpg


家族で試飲。干しぶどうのような凝縮した甘さが特徴。かといって甘すぎず、スーッと飲めます。こりゃいいや。さすがワインの王様。ちなみにケーキは弟が買ってきてくれたものです。ありがとう。





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

ヨーロッパ旅行編の執筆終了おめでとうございます&お疲れ様でした。
いろいろなところへ行かれたようで、読んでいて一緒に行っている気になれました。とても楽しかったです。
社会人もそろそろ一ヶ月ですね。お仕事も大変でしょうけど、読むのを楽しみにしているのでこちらもぼちぼちお願いしますね!

2005-07-25 21:15 │ from たえこURL

たえこさん、
ヨーロッパ編、最後まで読んで頂いてありがとうございます。楽しんでいただけたようで、僕も嬉しいです。
毎日更新はつらいかもしれませんが、隔日くらいで更新して行けたら良いな、と思います。
今日は台風のせいで、会社は早退扱いです。短くなった分は明日以降にまわされるので、ちっとも嬉しくありません。でも、こんな日に書き溜めていくしかないですね。

2005-07-26 15:35 │ from くま?URL

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/53-0d802f6c