ふらりとゆけ! ホーム » ラブコメディ » 僕らはみんな河合荘 (5)(宮原るり)

僕らはみんな河合荘 (5)(宮原るり)

憧れのバレンタイン

 河合荘にでっかい炬燵がやってきた。宇佐和成は隣にいる河合律を見て、これは同じ布団にいるのと同じではないかと感激する。
 クリスマスにはみんなでバカなことをやり、振袖を着て初詣に向かい、母親がやってくるというサプライズイベントを経て、バレンタインの季節となった。

 何とか義理チョコでもよいから河合律からチョコを貰いたい宇佐和成は、必死で彼女の印象操作を仕掛けるのだが、周囲の思惑が絡み合い、騒動が巻き起こっていく。




宮原るり作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5294-52927ac3