ふらりとゆけ! ホーム » 未来ファンタジー » コップクラフト (4)(賀東招二)

コップクラフト (4)(賀東招二)

入れ替わり事件

 ビズ・オニールのタレコミを受けて密輸犯捕縛に向かったケイ・マトバとティラナ・エクセデリカだったが、指揮の混乱により、密輸品は押収したものの犯人には逃げられてしまう。
 押収品の中から術(ミルディ)の匂いを感じるというティラナの言葉を受け、独断専行することにしたケイは、押収品を自宅に持ち帰り、ティラナに調査を託す。ところが、その中のひとつに「モーズ・ネル・バルバ」という術がかけられていたため、ティラナと飼い猫の意識が入れ替わってしまった。

 その事実に気づかずにケイが出勤した状況で、ティラナはセシル・エップスに助けを求める。ティラナとセシルの奮闘が始まった。




賀東招二作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5269-37ac689c