ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 歴史ファンタジー » 姫狐の召使い (4)(春日みかげ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


姫狐の召使い (4)(春日みかげ)

駆け足で終幕

 冷泉帝から朱雀帝になった途端、政争によって大宰府に流されそうになった光源氏こと水原光は、安倍晴明の計によって須磨に退くことになった。朝日奈紫や葵、六条御息所も同行する。
 この旅のもう一つの目的は、芦屋道満が解放した前鬼と後鬼が真名を取り戻す前に再封印することだ。かつて安倍晴明が彼らを封じた際には空蝉こと弘法大師の霊が助けてくれたが、もはやその助けを借りることはできない。そのために、在野の陰陽師である明石とその父親の入道に会って協力を求める必要があるのだ。

 そして、菅原道真、藤原純友、平将門という存在を巻き込み、彼らは世界の真の姿を知ることになる。シリーズ最終巻。




春日みかげ作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5256-81f40ca4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。