ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 西尾維新(にしおいしん) » 終物語 中(西尾維新)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


終物語 中(西尾維新)

根本原因

「第四話 しのぶメイル」
 臥煙伊豆湖に併せるために学習塾跡に神原駿河を呼びだした阿良々木暦は、甲冑の化け物に襲われ、突如発生した炎によって救われる。ひとまず立ち去ったその甲冑は、忍野忍、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの初めての従者、死屍累生死郎を思わせる言動を取るのだった。
 斧乃木余接からの連絡を受け、合流地点の公園へと向かう阿良々木暦と神原駿河は、道中、蝸牛の怪異によって迷わされることになる。そしてそこを切り抜けた後に明らかになる、この街に怪異が集中する理由とは?




西尾維新作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5240-c2ba9504

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。