ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 未来ファンタジー » ウィザーズ・ブレイン (8) 落日の都 下(三枝零一)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ウィザーズ・ブレイン (8) 落日の都 下(三枝零一)

3年ぶりですね

 賢人会議の参謀である天樹真昼が、シティ・シンガポールと賢人会議の同盟反対派に利用された元神戸軍の生き残りによって拉致されてしまった。賢人会議のメンバーが集まる建物には市民のデモ隊が押し寄せ、一触即発の空気が醸成される。
 事態を打開するため、反対派のトップである元軍人の自治政府議員のもとを訪れたサクラと天樹錬は、状況を悪化させる一手として利用されそうになってしまう。

 一方、拉致された天樹真昼は、後先も考えずに義憤によって暴発した兵士の手により、殺害されそうになっていた。

 天樹真昼の立ち位置って、ヤンなのかね?だとすればユリアンに相当するのはいったい誰なのか…。




三枝零一作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5222-930f07d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。