ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » 信長のシェフ (9)(梶川卓郎 / 西村ミツル)

信長のシェフ (9)(梶川卓郎 / 西村ミツル)

帰参

 武田信玄と武田勝頼のもとに拘留されていたケンと夏だったが、ケンは命がけの言葉で夏を解放することに成功する。
 その後、武田信玄より脇差を与えられ解放されたケンは、織田信長の盟友である徳川家康の領地へと転がり込む。しかしそこは、長篠の戦の舞台となる場所であった。

 そしてケンは、決意を以て織田信長のもとに帰参する。




梶川卓郎作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5221-bd815783