ふらりとゆけ! ホーム » 現代ファンタジー » ブラック・ブレット (6) 煉獄の彷徨者(神崎紫電)

ブラック・ブレット (6) 煉獄の彷徨者(神崎紫電)

生き残るのはどちら

 水原鬼八殺しとその後に引き続いた虐殺の濡れ衣を着せられた里見蓮太郎は、水原鬼八のイニシエーターの紅露火垂と共に、真犯人の証拠をつかむべく、追跡する警察の手から逃れつつ、調査を行っていた。
 そんな里見蓮太郎に濡れ衣を着せた、警視総監の息子で警視の櫃間篤郎は、天童木更との結婚準備を整えつつ、五翔会の巳継悠河に命じて、里見蓮太郎抹殺作戦を実行させていた。

 数々の刺客を倒しつつ、「ブラックスワン・プロジェクト」「新世界創造計画」の真相に到達した里見蓮太郎は、最終決着の時を迎える。生き残るのは果たしてどちらか?




神崎紫電作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5218-bd9c406f