ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » 昭和元禄落語心中 (5)(雲田はるこ)

昭和元禄落語心中 (5)(雲田はるこ)

先細る大衆芸

 なぜ二代目有楽亭助六とみよ吉は死んだのか。なぜ小夏は八代目有楽亭八雲に引き取られたのか。その事実が明かされる過去編完結編。
 そして物語は与太郎へと戻る。いよいよ真打昇進が決まった与太郎は、三代目有楽亭助六襲名を八代目有楽亭八雲に願い出る。一方、小夏はといえば…。


関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5207-83c58212