ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 未来ファンタジー » ブルークロニクル(白星敦士)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ブルークロニクル(白星敦士)

荒廃した世界の光

 隕石によってボロボロにされた地表に生き残った人類は、バベルという都市を作り生活をしていた。親に売り飛ばされた孤児であり運び屋をする少年リカルは、人型機械ステアクラスト欲しさに怪しげな依頼を受けてしまい、アレーシャとジョンの操るステアクラストの襲撃を受けてしまう。
 自爆して荷物のコンテナと共に何とか逃げ延びたリカルは、その中身が生きた少女であることを知る。その少女の名は姫島雪といった。

 荒廃した世界に似合わない倫理観を持った少女に振り回されながらも、依頼を果たして対価を得るべく彼女と行動を共にするリカルだったが、その結果、この世界の秘密に接することになってしまうのだった。

 第25回ファンタジア大賞読者賞受賞作品だ。




白星敦士作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5161-294dc5a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。