ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 現代ファンタジー » ダイス・マカブル ~definitional random field~ 01. 否運の少年(草木野鎖)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ダイス・マカブル ~definitional random field~ 01. 否運の少年(草木野鎖)

神のかけた呪い

 義妹の花坂蓮華と暮らす鬼灯灰斗は、確率的に起こり得ない出来事ばかり遭遇してしまう呪いにかけられていた。周囲に迷惑をかけないために他人とかかわらずに生きていた灰斗の前に、犬蓼莉子という転校生が現れる。
 灰斗が呪われているということを看破した莉子に連れられて向かった喫茶店にいたのは、莉子の姉の犬蓼率だった。彼女は灰斗が否運という、神にかけられた呪い、神呪の持ち主であるという。

 神呪の解呪をするためには、封神珠という道具に他者のかけた呪いを集め神呪に対抗する力を持たなければならない。それも千人分という途方もない数の呪いだ。しかし微かに希望を見出した灰斗は、手伝うという莉子と共に月光団という部活動を立ち上げ、悩み相談を請け負うことにする。
 犬蓼率から確率を操作する愚者のダイスという道具を譲り受け、自身にかけられた神呪をある程度操作できるようになった鬼灯灰斗は、それにより相談者の呪いを解いていく。

 第9回MF文庫Jライトノベル新人賞佳作受賞作だ。




草木野鎖作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5158-e3af58b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。