ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 未来ファンタジー » 仮想領域のエリュシオン 001 シンクロ・インフィニティ(上智一麻)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


仮想領域のエリュシオン 001 シンクロ・インフィニティ(上智一麻)

チート兄妹が暴れまわる

 八年前に引き離され別々の養親に引き取られた兄妹は、成長して親元を飛び出し二人で生きていくことを決意した。傭兵一族である連城に引き取られた天陵大河は家出を妨害してくる構成員たちをなぎ倒し、ネットワーク会社である鴉羽に引き取られた天陵冬姫はクラッキングで生じた混乱の隙に脱出した。
 電脳世界(エリュシオン)を管理する切燈グループの設置した学園に入学した兄妹は、天陵冬姫が懇意にする友人の西園寺涙とチームを組み、構造体(アリエス)に生じるバグ退治をすることで生計を立てることにする。電脳世界ではバグがモンスターとして表示され、それを狩ることでデバッグができるのだ。これならば、ネットワークに詳しい冬姫だけでなく、力技が中心の大河にも活躍の余地がある。

 ちょっとした偶然から生徒会長の切燈巴夜と知り合い、彼女とその親友が開発した仮想人格構成アイオライト、通称イオラの話し相手を務めることになった大河だったが、それが原因となり西園寺涙の身に危険が生じることになるのだった。

 第9回MF文庫Jライトノベル新人賞佳作受賞作だ。




上智一麻作品の書評
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5157-fdcb85f0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。