ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » シノハユ (1)(五十嵐あぐり / 小林立)

シノハユ (1)(五十嵐あぐり / 小林立)

失われた楽園

 小学五年生の白築慕は、母親と月に一度やってくる叔父と三人で行う麻雀の時間が大好きだった。しかし、そんな楽しい時間を過ごした次の日、母親が失踪してしまう。
 叔父に引き取られ島根県松江市の湯町小学校に通うことになった白築慕は、母親との唯一のつながりである麻雀牌を握りしめ、再びあの楽しい時間を取り戻すときを願うのだった。

 そんなとき、松江市内で開催される小学生向けの麻雀大会があることに気づく。母親が自分の活躍を見てくれることを願い、大会に参加した白築慕は、同じ学校の石飛閑無や、北掘小学校五年の瑞原はやりと出会うのだった。




五十嵐あぐり作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5134-ea1db2e5