ふらりとゆけ! ホーム » ラブコメディ » 神のみぞ知るセカイ (24)(若木民喜)

神のみぞ知るセカイ (24)(若木民喜)

差し出された救いの手

 駆け魂隊元室長のドクロウ・スカールとユピテル姉妹の力で十年前の世界にタイムリープした桂木桂馬は、彼が知る過去と目の前の過去との違いを解消するため、彼が知る過去になるための鍵として、鮎川天理と接触する。
 ところが、学園はヴィンテージにそそのかされた結崎香織の手により、駆け魂の種付けを行う胎となる少女を量産する場所へと変えられていた。

 その目論見を崩すため、身体は子供、心は大人の桂木桂馬は結崎香織攻略に挑む。しかし結崎香織は、心も体も子どもな鮎川天理に接触し、桂木桂馬との関係を破壊しようとするのだった。









若木民喜作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5122-97319167