ふらりとゆけ! ホーム » SF » トゥルークの海賊 (3)(茅田砂胡)

トゥルークの海賊 (3)(茅田砂胡)

伝説の再臨

 トゥルークの僧院の秘儀に使われる羅合の原料である藍王木と白籠岩を要求し、人質を取った海賊たちが握る星系のゲートに関する秘密と、合法ドラッグ「パーフェクション」の製造者に関する情報を調べるため、ケリー・クーアとジャスミン・クーアは封鎖されたトゥルークから宇宙に飛び立つ。
 一方、ダレスティーヤ・ロムリスとエルヴァリータ・シノークは人質とされた娘を救うため、シェンブラックとグランド・セブンの二代目を騙る海賊との交渉を続けていた。

 取引が成立し海賊が牙をむこうとしたとき、伝説の海賊船が姿を現した。トゥルークと彼らをつなぐモノとは何か?
 シリーズ完結編。




茅田砂胡作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5120-eb8722bc