ふらりとゆけ! ホーム » 異世界ファンタジー » 魔王と姫と叡智の書(霜野おつかい)

魔王と姫と叡智の書(霜野おつかい)

姫様の秘め事

 魔王ディー・トロヴァトーレ・ニュクテリスは紳士だ。世界を侵略することもなければ、側近レクトールが拉致してくる乙女に手を出すこともない。メイドのヴァネッサからは罵倒されながらも、日々を穏やかに生きていくことを目標としている。
 そんな魔王城で、ディーはレクト―ルがさらってきた姫アンジェ・レ・グラントリカと出会う。彼女は魔王であるディーのことを恐れることもなく、拉致されてきたという悲嘆もない。なぜなら彼女はエロ絵を描くのを趣味とする乙女であり、乙女たちを凌辱する魔王のシチュエーションを大好物としていたからだった。

 そんなアンジェに引きながらも、勇者サーシャが救いに来るまでの間は彼女の相手をすることにしたディーは、彼女の中身を知っていくことになる。

 第5回GA文庫大賞奨励賞受賞作品だ。




霜野おつかい作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5117-40c9705f