ふらりとゆけ! ホーム » 異世界ファンタジー » ドラゴンフリート戦記 神眼の英雄提督<アドミラル>(富永浩史)

ドラゴンフリート戦記 神眼の英雄提督<アドミラル>(富永浩史)

世界を見通す宝

 大内海に君臨する守護龍の一体とそれを擁する神聖帝国に住んでいた村を滅ぼされたステンカとラスラーンは、ただ二人だけの仲間として、モグリの渡しをしていた。
 そんなある日、ラスラーンが連れて来た客キリエ・グロッサムを乗せていたところ、カピタン・シェーラ率いる海賊船コルサコフ号の襲撃を受ける。実は神聖帝国龍騎士内海遠征部隊の魔法使いだったキリエは彼らを捨てて逃げてしまい、戦闘の混乱でラスラーンは行方不明になってしまう。

 生き残ったステンカは、かつて滅びたラヴァルス侯爵家の宝を手に入れながら、海賊の人質となってしまう。そこに、ラヴァルス侯爵家の宝と五番目の大海龍ガングート討伐を任務とする龍騎士内海遠征部隊が襲撃して来た。
 生き残るため、ステンカはシェーラの仲間となることを決意するのだった。




富永浩史作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5112-b46a4c3b