ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 熱血青春 » 食戟のソーマ (5)(佐伯俊 / 附田祐斗)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


食戟のソーマ (5)(佐伯俊 / 附田祐斗)

失敗という経験

 遠月グループが経営する高級リゾートで開催された一年生全員参加の宿泊研修は、退学者続出の死の合宿だった。
 次に幸平創真に課せられたのは、朝のビュッフェの卵料理200食完食だ。試食をするのはリゾートに勤務するスタッフで、いずれも味にはうるさい。薙切えりなの従妹である薙切アリスからの挑発も気にせず、自らの料理を提供する創真だったが、ほとんど料理に手をつけられないというピンチを迎えてしまう。

 そして合宿も終わり、ゆきひらに帰宅する創真の前に広がっていたのは、大資本のエキナカに押されて閑古鳥が鳴く商店街のあり様だった。




佐伯俊作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5109-afb0f98b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。