ふらりとゆけ! ホーム » 歴史ファンタジー » クロックワーク・プラネット (2)(榎宮祐)

クロックワーク・プラネット (2)(榎宮祐)

末っ子を取り戻せ

 「時計仕掛けの惑星」として復活した地球に生きる見浦ナオトは、Initial-Yシリーズ壱番機付き従うもの(ユアスレイブ)リューズを手に入れ、「国境なき技師団」最年少第一級時計技師マリー・ベル・ブレゲとその護衛であるヴァイネイ・ハルターと共に、区画・京都を破滅の危機から救った。しかし、それを主導した軍や体制からは敵視されることとなった。
 そんなある日、マリーのもとに届いたメールに基づいて向かった区画・三重で、彼らは廃墟となった時計塔を発見し、その地下で国際法に違反する攻撃兵器と、それを守護するInitial-Yシリーズ肆番機撃滅するもの(トリーシュラ)アンクルを発見する。

 操られているアンクルを助けようとするナオトだったが、敵の攻撃により、何もなくなった地球中心部へと落下してしまうのだった。




榎宮祐作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5108-eb60c1c2