ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 熱血青春 » 電波教師 (9)(東毅)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


電波教師 (9)(東毅)

校長への道

 私立柊学園本校校長である柊有栖の管理主義的思想を粉砕するため、柊学園を追い出されかかっていた無響零子に味方して、校長お気に入りの白河ナミとバスケ勝負をすることにした鑑純一郎は、その勝負の結末から、自身が校長になって学園改革をすると宣言する。
 理事長の柊暦のお墨付きで、鑑純一郎が校長になるまでのロードマップは示された。本校の生徒たちの班を勝負で下し、自ら望んで配下にしなければならない。

 本校に赴任した時坂朋也が見守る中、鑑純一郎はその勝負に挑む生徒たちを銀杏学園から選抜にかかるのだが…。









東毅作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5104-c311a309

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。