ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » 最後のレストラン (4)(藤栄道彦)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


最後のレストラン (4)(藤栄道彦)

言仁の仁徳

 レストラン「ヘブンズドア」は、バイトの有賀千恵や前田あたりが狂言回しや解説役に落ち着き、過去からやってきて居ついたジャンヌ・ダルクや言仁を中心にストーリー展開するようになってきた。スーシェフの御奴心?そんな人いましたね。
 悩めるオーナーシェフの園場凌が迎えるお客様は、アメリカ大統領リンカーン、悲運のピッチャー澤村栄治、非暴力運動のガンディー、獅子心王リチャードと、今回も多彩だ。食べることに食欲を満たすこと以外の何かを求める人々に饗される料理とは?




藤栄道彦作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

涙。

いつの間にかここに辿りつき記事読ませてもらいすごく励まされました(;≧∇≦)

元気も笑顔も無くしていたんです私、良いことなくて…。
でも暗い気持ちでいたらそれこそ良いことなんて無いのかもしれないですね。
そんな気持ちに勝手にさせてもらっちゃいました(○゚ε^○)

と同時にくまくまさんってお話したらどんな方なのかな?と気になってきました( ´∀`)
すこしでも話を聞いてもらえたら自暴自棄から抜け出せるきっかけを掴めるんじゃないか…と思わせてもらえたものですから。
お忙しいと思うのですが少しだけ私の悩みを聞いてもらえませんか?
もし、もし良かったらメールください(o^^o)

2015-05-16 14:51 │ from フルールURL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015-05-21 00:44 │ from URL

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5078-0b9a3045

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。