ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » 蒼き鋼のアルペジオ 04(Ark Performance)

蒼き鋼のアルペジオ 04(Ark Performance)

蒼き鋼のアルペジオ 04 (ヤングキングコミックス)蒼き鋼のアルペジオ 04 (ヤングキングコミックス)
(2011/10/29)
Ark Performance

商品詳細を見る


作られし者の出会い

 人類建造の巨大潜水艦である白鯨との共同作戦で「霧の艦隊」戦艦キリシマと戦艦ハルナを撃破した巡航潜水艦イ401とクルーたちは、オーバーホールのために母港である硫黄島のドックへと向かう途中、突如現れた潜水艦U-2501から雷撃を受ける。その一発から、艦長の千早群像はU-2501が人間により運用されている霧の潜水艦だということを見抜く。
 一方、コアとメンタルモデルだけを脱出させることに成功したキリシマとハルナは、横須賀港で刑部蒔絵という少女と出会う。その幼い少女は、デザインチャイルドと呼ばれ、人類によって生み出された人間だった。

 徹底的に核心に至る情報を出さない構成になっていて、一見すると、人間が操る潜水艦と謎の艦隊の対決しか見どころがないように思えるが、意味不明に見えながらも徐々に開示されていく情報は、物語の核心につながっているともいえる。




Ark Performance作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5071-1911bfec