ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 異世界ファンタジー » 天翔虎の軍師 (3)(上総朋大)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


天翔虎の軍師 (3)(上総朋大)

天翔虎の軍師3 (富士見ファンタジア文庫)天翔虎の軍師3 (富士見ファンタジア文庫)
(2013/10/19)
上総 朋大

商品詳細を見る


もうひとりの軍師

 囚われの身だった王女ミオ・フレリカを救出し、まがりなりにもフレリカ王国復興を果たした天翔虎の軍師シェル・スノーハートと尚書エナ・ワトソンは、英雄フレイ・フォルクや蜂蜘蛛隊隊長マギー・バイパーの活躍で、手痛い損失を受けながらも、天竜姫の軍師ユミカ・ローレンツの遣わした征西将軍レンギルを下すことに成功した。
 しかし、今だ政権基盤が脆弱なフレリカ王国が安定を得るためには、トーレ帝国の支配を決定的に弱体化させなければならない。そのためには、フレリカ王国が資源を手に入れつつ、トーレ帝国の財政を追いこむような策が必要になってくる。だが、未だ王国には、遠征軍を任せられる軍師がいない。

 そんなとき、シェルの募集に応じ、学友であるニーア・リーベルンが王国にやってくる。ひとまず彼女を副軍師の座につけるのだが…。
 一方、ユミカは、フレリカ王国を滅ぼしてシェルを手に入れるため、次の策に着手していた。




上総朋大作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5069-14616523

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。