ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 歴史ファンタジー » 王子降臨 (2) 王子再臨(手代木正太郎)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


王子降臨 (2) 王子再臨(手代木正太郎)


王子降臨 2 王子再臨 (ガガガ文庫)王子降臨 2 王子再臨 (ガガガ文庫)
(2013/10/18)
手代木 正太郎

商品詳細を見る


美の侵略者

 戦国時代にあって堅固な守りのために他国から攻められない水分国を治める鷹久に仕える阿東念流宗家の阿東弥五郎は、美の化身であるアンドロメダ流の使い手の王子と遭遇する。
 姫を探しているという王子は、鷹久を美で籠絡し、姫を探すために国力の動員を願う。一方、それを利用して自らの地位を高めようとする筆頭家老の黒瓜修理によって城を追い出された阿東弥五郎を拾ったのは、聖女ランガナーヤキ・スバーリとその弟子である禅鬼と天禅だった。ランガは弥五郎に王子を倒すだけの器があると告げる。

 魔女によって分かたれた悪い王子の登場!王子は美で人々を浸食し、彼らを狂気に駆り立てる。一体なぜ、王子は悪い王子になってしまったのか。そしてその結末は?




手代木正太郎作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5067-f3d62adf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。