ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » コンシェルジュ プラチナム (7)(藤栄道彦)

コンシェルジュ プラチナム (7)(藤栄道彦)

コンシェルジュ プラチナム 7 (ゼノンコミックス)コンシェルジュ プラチナム 7 (ゼノンコミックス)
(2013/10/19)
藤栄 道彦、いしぜき ひでゆき 他

商品詳細を見る


情報と情緒

 九音響也は、十津川京香の兄弟子でクインシーホテルのフロアマネージャーとなった最上拝の許に研修に行くことになった。コンシェルジュへの道を進めてくれた川口涼子が働く職場だ。

 今回は懐かしのクインシーメンバーが大集合。あれ、このキャラってこんな顔だったっけ?と思う部分もいくつかあるが、彼ら彼女らの事後談も知ることができて、ちょっと嬉しい。逆に言うと、いまのキャラクターたちに対する読者の受けがいまひとつということなのかな?
 冒頭の何話かは、こち亀の両さんと部長の掛け合いっぽく見えた。




藤栄道彦作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5064-3af2691b