ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » 蒼き鋼のアルペジオ 02(Ark Performance)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


蒼き鋼のアルペジオ 02(Ark Performance)

蒼き鋼のアルペジオ 02 (ヤングキングコミックス)蒼き鋼のアルペジオ 02 (ヤングキングコミックス)
(2010/10/30)
Ark Performance

商品詳細を見る


大戦力襲来

 霧の艦隊の重巡洋艦タカオを撤退させ、何とか横須賀に入渠したイ401は、緊急のオーバーホールを受ける。元ソナーの響真瑠璃と再会したのち、日本国統制軍軍務省次官補の上陰龍二郎と海軍戦術技術局長の浦上中将に面会した艦長の千早群像は、霧の艦隊に対する新兵器のプロトタイプである振動弾頭の威力を紹介される。
 一方、それぞれの時間を過ごすクルーの前に、元陸軍の議員である北良寛が差し向けた迎えが現れる。強制的に招集されたクルーと艦長に対し、北良寛が出す提案とは?

 そして霧の艦隊でも新たな動きが見られていた。コンゴウの前に現れた総旗艦ヤマトは、イ401が示した霧の艦隊の可能性を模索する作戦を提示するのだった。




Ark Performance作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5063-99363b96

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。