ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » 蒼き鋼のアルペジオ 01(Ark Performance)

蒼き鋼のアルペジオ 01(Ark Performance)

蒼き鋼のアルペジオ 01 (ヤングキングコミックス)蒼き鋼のアルペジオ 01 (ヤングキングコミックス)
(2010/04/30)
Ark Performance

商品詳細を見る


海洋上のSF戦闘

 2038年、突如、世界の海に現れた正体不明の艦隊である“霧の艦隊”は、世界各国の海軍を殲滅してしまい、各国は海路で分断されてしまう。
 そんな霧の艦隊に人類が唯一対抗できる艦艇が、イ401だ。メンタルモデルと称されるイオナを擁し、艦長の千早群像、副長の織部僧、火器管制担当の橿原杏平、ソナー・センサー担当の八月一日静、機関・技術担当の四月一日いおりと、元学生たちによって運用がなされている。

 そんな彼らの許に、日本国統制軍軍務省次官補の上陰龍二郎が訪れ、霧の艦隊激派のための秘密兵器輸送のため、横須賀まで来て欲しいという。だが、名護屋沖には霧の艦隊の重巡洋艦タカオが哨戒を行っていた。




Ark Performance作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5061-d8fe476e