ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 絶対可憐チルドレン(椎名高志) » 絶対可憐チルドレン (36)(椎名高志)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


絶対可憐チルドレン (36)(椎名高志)

絶対可憐チルドレン 36 マグネットシート付き限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)絶対可憐チルドレン 36 マグネットシート付き限定版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)
(2013/10/18)
椎名 高志

商品詳細を見る


初めての犠牲

 戦況の悪化に伴い、軍部からの出撃要請をかわし切れなくなった超能部隊は、早乙女隊長の指揮の下、志賀、兵部、芥、夏見が南方戦線へ赴くことになった。蕾見は居残りだ。
 そしてやってきた島の飛行場で、超能部隊は狭い小屋に押し込められ、冷遇される。だが、偵察機が敵軍の機動部隊を発見したことで、彼らの処遇は一変し、血で血を洗う戦いの渦中に飲み込まれていくことになる。

 ようやく過去編が終わった~!




椎名高志作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5059-c37a78a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。