ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » 信長のシェフ (8)(梶川卓郎 / 西村ミツル)

信長のシェフ (8)(梶川卓郎 / 西村ミツル)


信長のシェフ 8 (芳文社コミックス)信長のシェフ 8 (芳文社コミックス)
(2013/10/16)
梶川卓郎、西村ミツル 他

商品詳細を見る


薬食同源

 織田信長に従い、夏を連れて京へと上ったケンは、信長と顕如の和睦の場で最高の料理を作る。しかし、顕如の料理人となったようこが、肉豆蒄(ナツメグ)を大量に入れたマカロンを作り、それを食べた信長は昏倒させられてしまう。
 大切な和睦の場で座を外したままにすることは、今後の信長に健康問題を抱かせてしまう。果たしてケンは信長を座に復帰させることが出来るのか?

 武田信玄は、ケンの活躍を聞き、秋山信友に命じてケンを暗殺しようとする。夏と共に拉致されたケンは、生きるために、秋山信友に自分の価値を認めさせようとするのだった。




梶川卓郎作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5054-8ba1336a