ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » ひとりぼっちの地球侵略 (4)(小川麻衣子)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ひとりぼっちの地球侵略 (4)(小川麻衣子)


ひとりぼっちの地球侵略 4 (ゲッサン少年サンデーコミックス)ひとりぼっちの地球侵略 4 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2013/10/11)
小川 麻衣子

商品詳細を見る


忘れていた真実

 祖母がエラメアの異星人であるアイラ・マシェフスキーに連れられ、広瀬岬一、オルベリオの異星人である先輩の大鳥希、辺境のハウス星から来たリコデムス=ハーリアトロは、アイラの祖母と面会する。
 緊張に満ちた会見になるかと思いきや、アイラの祖母は特に何を語ることもなく、3人は釈然としないまま家路につくことになる。

 しかし、帰宅を待ち受けていた広瀬凪から、10年前に彼らの両親を殺したのは大鳥希だと聞かされた広瀬岬一は、アイラの祖母から受け取った合わせ鏡を開き、10年前の記憶をたどる旅に出る事になる。その結果明らかになる真実とは?




小川麻衣子作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5041-db4e0861

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。