ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » コミック書評 » 暗殺教室 (6)(松井優征)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


暗殺教室 (6)(松井優征)


暗殺教室 6 (ジャンプコミックス)暗殺教室 6 (ジャンプコミックス)
(2013/10/04)
松井 優征

商品詳細を見る


抜け出す一歩

 殺せんせーが水をせき止めて作り出した専用プールを楽しむ私立椚ヶ丘学園3-Eの生徒たちは、殺せんせーに水という弱点があるかも知れないということに気づき始める。
 その事実を確かめるべく、水泳が得意な片岡メグを中心とした調査が行われるのだが、そんなとき、メグが何か悩みを抱えていることに、潮田渚らが気づく。

 一致団結し始めたクラスの中で浮く寺坂の葛藤や、理事長の浅野學峯とその一派が仕掛けてきた、Eクラスを永遠に底辺としておくための策略が描かれる。




松井優征作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5032-d7d13135

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。