ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 異世界ファンタジー » かくて滅びた幻想楽園 II(手島史詞)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


かくて滅びた幻想楽園 II(手島史詞)

かくて滅びた幻想楽園II (富士見ファンタジア文庫)かくて滅びた幻想楽園II (富士見ファンタジア文庫)
(2013/09/20)
手島 史詞

商品詳細を見る


追うべき王の姿

 人間が神獣に臣従する世界の中にあって、神獣と心中してでも滅ぼして人間の世界を作ろうとする地下組織<ウーロニクス>の異端な百人隊長である戦部リューは、過去に出会ったクレアーレ=アウルムと再会し、黄金郷を開くことに成功した。その結果、メガロスを倒すことには成功したものの、彼に臣従していた人間からは石もて追われることになり、自らの国盗りの何が間違っていたのか、悩むことになる。
 ひとまず、クレアーレと同じ<旅人>の仲間であった隣国のリヴァイアサンことメアリクス=ウェルテクスを頼りに旅に出た戦部リューだったが、同行する百人隊長の不知火イオリも悩んでいた。リューが向かおうとする先が、未だ彼女には見えていないからだ。そんな状況の中、二人を本部に連れ戻すため、追捕部隊である焔人(オルド)の百人隊長、東風吹ツムギが現れる。

 シリーズ最終巻。




手島史詞作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5025-4dc87b62

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。