ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 異世界ファンタジー » 勇者リンの伝説 Lv.3 七つの球を探し求めて俺たちの学園祭がカオス。(琴平稜)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


勇者リンの伝説 Lv.3 七つの球を探し求めて俺たちの学園祭がカオス。(琴平稜)


勇者リンの伝説    Lv.3 七つの球を探し求めて俺たちの学園祭がカオス。 (富士見ファンタジア文庫)勇者リンの伝説 Lv.3 七つの球を探し求めて俺たちの学園祭がカオス。 (富士見ファンタジア文庫)
(2013/09/20)
琴平 稜

商品詳細を見る


セクハラは全て呪いの道具のせいです。

 冒険者育成機関ユースタシア学園の学園祭である獅子王祭で、カイ・アンバーのクラスはメイド喫茶を開くことになった。そのリーダーたる支配人に立候補したのは、カイ・アンバーだ。学園一になれば願いを叶えてもらえるという甘言に釣られた結果である。
 女子として再入学したクロト・ラインフォールの手作りお菓子を目玉として、何とかメイド喫茶を形にして安堵したカイだったが、学園祭当日、リン・アルクスと合流したことで、再び事件に巻き込まれてしまう。

 魔女を名乗る人物から、学園中にばらまいた封魔球(レチッド・ボール)を回収しなければ、魔物が暴れて学園祭を台無しにするという脅迫が届いたのだ。見学に来ていたジルやニーナと共に、封魔球を探し回ることにしたカイたちは、主にセクハラ方面で大変なことになる。




琴平稜作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5014-f0f9bcae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。