ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » SF » フルメタル・パニック! アナザー (6)(大黒尚人)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


フルメタル・パニック! アナザー (6)(大黒尚人)


フルメタル・パニック!  アナザー6 (富士見ファンタジア文庫)フルメタル・パニック! アナザー6 (富士見ファンタジア文庫)
(2013/09/20)
大黒 尚人

商品詳細を見る


童貞卒業

 新生D.O.M.S.で乗っ取られたD.O.M.S.を動かすステファン・イリイチ・ミハイロフと、配下の三条菊乃と三条旭との戦いをあらためて決意した市之瀬達也は、アデリーナ・アレクサンドロヴナ・ケレンスカヤやユースフ・ビン・ムハンマド・ビン・カーリム・アル・ケートリーらと共に、彼らが無人ASを運用するテスト先を潰して回る戦いを繰り広げていた。
 ユースフの親戚である族長アブドゥル・アル・アテヤの計らいで万全の補給をした一行は、敵の開発拠点であるユーゴスラヴィアの地下基地を襲撃する計画を立てる。完全な奇襲攻撃のつもりだったにもかかわらず、図らずもジオトロン・エレクトロニクスCEOのロバート・モーガンやその取引相手であるガルナスタン大統領ムーザ・エカテリーナ・アタエフが滞在しているという、好機であり、防衛戦力が充実している時期に突っ込むことになってしまう。

 何とか最低限の戦果を得、更なる収穫を得ようとした矢先、それぞれに因縁の敵が現れる。アデリーナの前に現れたのは、かつての教官、ナタリア・イワノヴナ・ヤコブレワだった。




大黒尚人作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5013-7777af72

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。