ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » 國崎出雲の事情 (15)(ひらかわあや)

國崎出雲の事情 (15)(ひらかわあや)

國崎出雲の事情 15 (少年サンデーコミックス)國崎出雲の事情 15 (少年サンデーコミックス)
(2013/09/18)
ひらかわ あや

商品詳細を見る


変態親父の実力

 幸嶋屋庵寿郎や國崎出雲の型にはまらない歌舞伎を嫌う井神久珸に切り捨てられた井神仙を、薊清良が主宰する斬歌舞伎に誘った出雲は、そのまま、義経千本桜の四の切に静御前役で出演することになった。
 人前でまともに演技できない仙に自信をつけるため、國崎出雲は彼にしかできない演出を提案する。

 駆けだし小道具の雨宮梗子と知り合いになり、またひとつ、歌舞伎を支える人々を知った出雲は、國崎屋先代の追善興行に出演することになった。國崎屋の興業のため、皇加賀斗だけでなく、父親の國崎八雲も出演する。初めて明らかになる、変態親父の実力とは?




ひらかわあや作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5007-ea07b319