ふらりとゆけ! ホーム » コミック書評 » ハヤテのごとく! (38)(畑健二郎)

ハヤテのごとく! (38)(畑健二郎)

ハヤテのごとく! 38 第二弾!!香る生写真つき!初回限定版!! (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)ハヤテのごとく! 38 第二弾!!香る生写真つき!初回限定版!! (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)
(2013/09/18)
畑 健二郎

商品詳細を見る


ああ、青春の群像劇

 綾崎ハヤテを賭けた同人誌勝負を挑まれた水蓮寺ルカは、人生で初めて、努力しなければ失うという局面に立たされた。焦る三千院ナギはネタを求めて旅に出て、京都に行くつもりが明後日の方へとたどり着いてしまう。
 偶然、医師の黒須に拾われ、本来の目的地である京都へ向かうナギを追いかけるのは二組。桂ヒナギクと春風千桜は順調に旅を満喫して京都でナギの到着を待ちうけ、鷺ノ宮伊澄と剣野カユラは地獄のヘリ旅行を満喫する。

 一方、東京では綾崎ハヤテがメイドとなり、瀬川泉と水蓮寺ルカの間で修羅場が繰り広げられることになる。

 作者は群像劇の構成はあまり上手くないかも。









畑健二郎作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5004-9b4d00ad