ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » ライトノベル書評 » ボールルームへようこそ (5)(竹内友)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


ボールルームへようこそ (5)(竹内友)

ボールルームへようこそ(5) (月刊マガジンコミックス)ボールルームへようこそ(5) (月刊マガジンコミックス)
(2013/09/17)
竹内 友

商品詳細を見る


パートナー探し

 鼻毛石天平氏主催の非公式大会「天平杯」を終えた富士田多々良は、抑えきれない高揚感に包まれていた。花岡雫からもダンサーとして認められ始め、留学を一年延期しての勝負を申し込まれる。
 そして受験の季節が過ぎ、彼らは高校生となった。新しい学校でもパシリとして使われそうになるタタラだったが、同じ学校に赤城賀寿がいたことで、様子が変わってくる。

 赤城賀寿に誘われて出かけた、仙谷要が参加するダンス大会で、タタラは彼のダンスの実力を初めて知る。また、その会場で、クラスメイトの緋山千夏と出会うのだった。




竹内友作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/5001-a0d5285a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。