ふらりとゆけ! ホーム » スポンサー広告 » 異世界ファンタジー » 漆黒のエインヘリアル (2)(相原あきら)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


漆黒のエインヘリアル (2)(相原あきら)


漆黒のエインヘリアル (2) (電撃文庫)漆黒のエインヘリアル (2) (電撃文庫)
(2013/09/10)
相原あきら

商品詳細を見る


復讐の道半ばにて

 血誓兄弟(フォースブレーズ)の仲間たちを失いながらも、トロイメア帝国皇帝を倒したロストは、謎の青年アヴィの言葉のままに、ビフレストのミリアの生まれ故郷であるウルズにある泉を目指した。
 ところがそこでは、炎の長スルトを信奉するヴァルテ・ル・ミウと彼が率いる焼神閥団(バンズコンパニオン)が住民たちを拷問し、ウルズの泉のありかを見つけようとしていた。

 ロストたちは、ミリアの旧友の半巨人ハミンギャと、ウルズの支配者であるグラーバグと共に、ヴァルテに先んじて泉に辿り着こうとする。




相原あきら作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4997-5262ae13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。