ふらりとゆけ! ホーム » ライトノベル書評 » ちぐはぐラバーズ 下(鈴木央)

ちぐはぐラバーズ 下(鈴木央)


ちぐはぐラバーズ 下 (少年チャンピオン・コミックス)ちぐはぐラバーズ 下 (少年チャンピオン・コミックス)
(2012/08/08)
鈴木 央

商品詳細を見る


守りたい人は誰ですか?

 天原道場を襲ったアヴァロン学園のガラハド・サンダーは、生徒会長のモルガン・ウィンチェスターの手によって排除された。しかし、天原無心を自らの騎士と見定めたモルガンは、天原爽に無心とキスしたことを暴露してしまう。
 意気消沈した天原爽は竹刀を忘れて道場へとトボトボ帰って行く。一方、自らの弱さを痛感した無心は、アヴァロン学園で武者修行をすることを決意するのだった。

 モルガンを慕うモルドレッド・ライトに虐げられ、一方でモルガンの意を汲んで無心とくっつけようとするガレス・ドーノックの策略に振り回され、真摯なバリン・フェニックスに諭されながら、無心は誰を選ぶのか?




鈴木央作品の書評/レビュー
関連記事






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://bcft60.blog13.fc2.com/tb.php/4994-80c7850a